ボコボコネットをブックマーク!!

 

ボコ神メソッド

モテるその2 ―押尾メンタル―

投稿日:

当ページを御覧いただき有難うございます。

改めまして、本日もごきげんようございます。

ボコボコネット管理人、ボコ神様と申します。

 

前回はあなたがモテるために、女の『生理的に無理!』という評価を得ないための方法をお話しました。

万が一にもあなたがこの評価を受けてしまえば、その後その女との関係の発展は絶望的と言わざるを得ません。

故に、何としてもこの評価を受けることを回避し、その出会いを未来のあるものとしなければなりません。

 

そして今回は。

あなたが女に受け入れられた後に、『いいかも!?』であったり『素敵!』と評価されるための方法についてお話いたします。

女とは、女である以上どうしようもないほどに『自信を持った男』に惹かれます。

学生時代にヤンキーがモテた理由、いつまでもスターダムにのし上がることを夢見ている男に支える女がいる理由もこの自信によるものです。

 

男女とは、基本的の自らに備わっていない性質を求め合うようにできています。

幼き頃からコミュニティのルールに即して生きてきた女にとって、絶対的な価値観を信じて行動を可能とするルールブレイカーたる男の生き様には抗うことのできない魅力を感じるのです。

反面、ルールからの逸脱は許されないことであるという理性が働くために本能との衝突が起こり、その混乱により自分では考えもしなかった行動を取ってしまうことも少なくありません。

かくして日常から逸脱した女は、忘れることのできない高揚感と、しかし今後その男に関わってはもう戻って来れないかもしれないという恐怖を抱きます。

この身を焦がすスリルこそが、何よりも『生』を実感させるのです。

 

普通に育ち、普通に学び、普通に恋愛をし、ときに普通に結婚した女にとって。

強烈な『生』の実感は、今までのすべてを否定し女の本能を呼び覚まします。

今までに人生は死んでいるようなものだった。

そして、その女に生を、人生に命を吹き込んだのはあなたである。

女にこのように理解させることが女を支配する第一歩となるのですね。

 

私は上記の手順で女を支配に導くのですが、そのためには自信を活用するということが前提となります。

よって、早速。

あなたが自信を創造し、醸成し、そして獲得するための方法をお伝えしましょう。

 

自信とは何か。

私の尊敬する男に、押尾学という人間がいます。

ちなみに彼は人間としては屑も屑。

ド屑と言うに相応しい人物です。

愛人の銀座ホステスとのSEXに麻薬であるMDMAを使用し、愛人の様態が急変したにもかかわらず救急車を呼ぶことを拒み、結果死に至らしめたほどの屑野郎です。

 

ではなぜ、私そんな彼を尊敬するのかと言いますと、彼のとある言葉に大きな価値を確認するからです。

その彼の発言とは。

『オマエらが今付き合ってる女はオレと付き合えないから仕方なくオマエらと付き合ってるんだ』というもの。

尊大も行き過ぎてただのアホ発言です。

ですが、この考え方は女にモテるということを考えた上ではまさに最適解となるのです。

 

これがどのようなことかと言いますと。

先の考え方において、自らにはとてつもない魅力や価値があるとの自負があります。

ここまでに強大な自負心を持ってしまうと、自らの価値が理解されて当たり前。

理解しないやつは馬鹿なやつだと本気で考えてしまうことを可能とします。

 

人はこのメンタルに至ったとき、女への声掛けを躊躇することがありません。

なぜなら、その行為は『俺様が声をかけてやっている』という果てなき善意からもたらされています。

断られても反省すべきは自分ではなく、その価値とありがたみをを理解しない女どもなのです。

それこそ100人でも200人でも声をかけることを可能とし、内20人の支持者を集めたのであれば名実ともにモテ男となるのです。

 

さて、ご理解いただけましたでしょうか。

これが『自信』というものです。

裏打ちされた事実もない上で、自らにどれだけの価値を信じることができるのか。

どれだけ胸を張ってその行為を完遂することができるのかということです。

 

男は理論的な考えを得意としますので、口だけ達者な愚か者をいとも簡単に見抜きます。

そしてこのような行為をとても軽いものと軽蔑します。

しかし、女は感情的に日々を生活していることが少なくありません。

よって、このような男に1対1で迫られた際には見抜くことができなかったり、或いは見抜けていてもそれだけの自信を保つだけの理由があるのだろうと男の価値を探し始め、適当な理由をつけて納得してしまう場合があります。

 

つまり、女にモテるためには。

嘘偽りのない真実としてあなたがどのような性格であるのか。

本当にモテているのか。

本来はどれほどの価値を持っているのか。など。

このようなことは、どうだっていいのです。

ただ重要なことは、目の前の女から『素敵な人だ』『とてもモテる人だ』『すごい価値を持っている人だ』と認識されてしまうことにあるのです。

 

つまり、あなたが事実どのような方であれ。

あなたは女の前で押尾学を演じ、なりきってしまえばよいのです。

ここで紹介した押尾学的メンタルと押尾学的アプローチを実行する上で、あなたがモテないということはありえません。

なぜなら、自らがモテないという事実を受け入れない限り、あなたは女を調達するまでトライすることが可能となるのです。

 

さて、馬鹿と天才は紙一重なんていいますが、稀代の大馬鹿者からも学ぶ1点くらいはあるものですね。

文章を綴っていてふと考えたのですが、そして既に文脈の節々でも感じていただけているかもしれませんが。

私は先に押尾学を尊敬していると言いましたね。

翌々考えてみると、あれはウソでした。

いや、押尾メンタル自体は尊敬に値するとは考えているのです。

ですが、些か人物ベースが屑過ぎますね。

私からの押尾学の評価としましては、見どころのある屑といったところに落ち着きます。

 

自信を醸成する

さて、女にモテるためのメンタル。

押尾メンタルをあなたにセットしたのならば、あなたは女を入れ食いにすることができるでしょう。

ですが、『そんなことはしたくない!』という方もいらっしゃるでしょうね。

とくに押尾学は男から好かれているとはとても言えない人物ですので、心理的な抵抗を持つ方もいらっしゃるかもしれません。

 

ですが。

あなたが女にモテたいと願うのならば、一度は挑戦してください。

そしてその上で、あなたが押尾メンタル以上にモテる方法を発見するまでは継続してください。

もしあなたが女にモテてもいないのに押尾メンタルのセットを拒むのであれば、あなたの女にモテたいという願望やその後に服従させたいという願望などその程度ものでしか無いということです。

『ああしたい』『こうしたい』と願望は大いに語る割には『あれはしたくない』『これもしたくない』と、その過程にある努力を嫌う方が少なくありません。

目的の達成に至る独自の方法を開発した上での発言であればそれは大したものですが、そうでないのならば子どもの駄々と変わりません。

子どもの駄々が通じるのは優しいパパやママが甘やかしてくれるまでですし、そのような甘えを求める男がモテる日などやって来ようはずがありません。

よって繰り返しますがあなたが本心から女にモテ、服従を喜ばれるたいと願うのであれば必ず上記の方法に挑戦してください。

 

さて、多少語気が強くなってしまいましたが、上記の挑戦はとても大切なことなのです。

実際に挑戦をしていただいた方には理解いただけるのでしょうが、いかなる技術も試行の上にて醸成をもたらします。

あなたは経験を積むことにより押尾学メンタルをフルコピーせずとも、その要所を取り入れることで女にモテることを十分可能とします。

また、むしろその要所を抽出しあなた専用の技術と落とし込むことで押尾学の持つ『俺様感』が薄れ、より女に馴染みやすい自信の形へと変容していくことでしょう。

 

守破離の原則と言えばご存知の方も多いでしょうが、何事も徹底的に真似るところから技術の体得と進化ははじまります。

徹底的に真似、基本をこれでもかと抑えることでその教えは破られる(守破離の破は破るのではなく、自然と必然的に破られるということです)のです。

その上で、継続して技術に真摯な姿勢で向き合い続けることにより一般とは隔絶された技術を体得するに至り、その技術は人離れしたものと確立されます。

押尾学は屑ですが、女にモテるということについては私達の先輩です。

世の中の誰をも先生とすることのできるしたたかさと貪欲さは、女についてのみならず私達の人生に大きな利益をもたらします。

 

さいごに

さて、今回は自信を持つための方法としてマインドセットを紹介いたしました。

マインドセットとは自己洗脳型とアクター型のものがあります。

 

自己洗脳型のものとは自らそのものを書き換えてしまうため、最低限に消極的に行うことを推奨します。

安易に自己洗脳型メンタルセットを行ってしまえばあなたの本質が変容し、結果本来のあなたを見失う結果となりかねません。

本来の自らを見失うということは既に精神病の始まりといって過言でなく、とてつもない不安感に苛まれてしまいます。

よって、これからの人生に弊害をもたらしかねない程に根暗な方が自身を少し社交的にするといったように、その人物ベースをゆっくりと徐々に改善をしていくといった使用法が良いでしょう。

間違っても押尾メンタルを自己洗脳型として用いるべきでは無いということです。

 

対して、アクター型メンタルセットは様々なシーンで便利に活用することができます。

例えば、あなたが職場においてはじめて重要なプレゼンを任されており、そのプレゼン開始の5分前であるとき。

あなたの心臓が張り裂けんばかりに緊張しているようなときは、単純にあなたがあなたでなくなってしまえばよいのです。

路上ナンパで女に声を開けられないという方は、オクテなあなたのままでいるから声をかけることができないのです。

ここであなたが日本に旅行中のイタリア人になりきったり、或いは幼少期からイタリアで過ごした帰国子女になりきることができたのならば、問題はいとも簡単に解決するのです。

つまり、これらは『仮面』です。

あなたは自身という素顔だけでなく、いくつもこの仮面を所持してもよいのです。

その上で、女にモテるというたった仮面を1枚持つだけでその願望は事実として形作られ、その事実は確たる自信としてあなたに宿ります。

自信は上記の手法を用いることで、いとも簡単に手に入るのです。

 

次回予告

さて、女の大好物であり、そして女を狂わせてしまう元凶たる『男の自信』。

男の自信をあなたが最大限に活用できたのであれば、MDMAなど使わずとも女を狂わせ、そして強烈な快楽を与えることを可能とします。

つまり、今回の話によってあなたは女を調達する上での絶対的武器を入手しました。

 

そして次回は。

女を狂わせてしまう、もう一つの武器。

『評価』についてお話いたします。

『自信』と『評価』。

この2つが掛け合わされることによりあなたの能力にも、そして口説かれる女の脳内にもとてつもない化学反応が起こるのです。

あなたはこの事実を遠くない未来に知ることとなるでしょう。

お楽しみに。

 

―ボコボコネット管理人 ボコ神様―

Similar Posts:

    None Found

-ボコ神メソッド

Copyright© ボコボコネット 拘束イラマ調教拷問専門動画サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.