ボコボコネットをブックマーク!!

 

ボコ神メソッド

支配その1 ―立場を理解させる―

投稿日:

当ページを御覧いただき有難うございます。

改めまして、本日もごきげんようございます。

ボコボコネット管理人、ボコ神様と申します。

 

前回までにあなたがより多く女と出会う方法、そして出会った女からモテる方法をお伝えしました。

ここまできちんと読み進めていただきましたあなたでしたら、しっかりと出会いを量産し、そしてモテ男となるに至る能力を獲得されていることでしょう。

モテるとは一定数の女からの評価を得るということであり、つまりはいかに出会いの機会を増やし、それらの出会いを特別なものとするのかということです。

 

出会いを量産するということについては、とにかく妥協しないということが重要です。

あなたのラインの友達欄にどれほど女の数が増えようとも、あなたは新しい出会いを探しつ続けるといった非常識な努力を怠らないでください。

モテるとは女から評価されるということですが、女から評価されるということには試行回数とそれによる経験が物を言うのです。

仮に200人に声をかけたという事実が有ったとしても、今日のパートナーを5人の中から選ぶことのできるあなたはモテていると言えます。

まずは数をこなし、その中で自身に合ったより効率的な方法を模索していくと良いでしょう。

 

また、出会いを特別なものとする方法には主に2通りの手法があり、1つはあなた自身が特別たる存在となること。

そしてもう1つは、その出会い方や関係を特別なものとすることです。

前者においてはあなたは自信や評価する能力をもって、普通ではない異常な魅力を携えることが必要です。

また、そのようなあなたが一般的でない関係を意識して構築することで特別な関係が作られます。

いずれにせよ『常識』や『日常』から逸脱し、『非常識』であり『非日常』な世界を作り上げるということがあなたの課題となるでしょう。

そのためにあなたが心がけるべき点としては【リスクを受け入れる】ということです。

リスクを恐れ、思い切った言動を控えた結果こそが常識的で日常的なつまらぬ男のつまらぬ口説きなのです。

 

自らの尊厳やプライドを絶対安全圏に置いた上で、『よかったらどう?』なんて言葉に女は揺らぐことがありません。

その女を誘惑するために危険を顧みず、脇目も振らず、リスクを受け入れ不退転の覚悟を見せることで、その女は落ちるのです。

実際にあなたがひとりの女にすべてを賭す必要があるといっているわけではありません。

ここでは、女から見た際にそのように認識されることが必要であると言っているのです。

決して女を騙すわけではなく、そして不誠実であるということもなく。

女と自身のために常識と非常識の間、合理と矛盾の間を自らの位置とできる男がモテを創造するのです。

これは、女に安全の上で非日常のスリルを体験させることのできる確たる魅力となり、あなたというアミューズメントパークを創造するに至るのです。

 

立場を理解させるということ

さて、前置きと復習が長くなりました。

早速本編に参りましょう。

今回からは第3章にして最終章。

【女を支配する】ということについてお話をいたします。

 

女を支配するためには、男女関係におけるパワーバランスを思いのままに操作することのできる能力必要となります。

あなたは既に『一般人』から『モテ男』に昇格していますが、これはあなたの価値が大きく上昇した結果と言えましょう。

ただの一般人たるあなたよりも、女を理解し楽しませることのできる、モテ男たるあなたの方が需要が高いということですね。

この『価値の上昇』こそがあなたの強者としての地位や立場を作り上げていくということとなります。

よって、あなたが支配者となるためには、支配者として相応しい魅力を持つあなたを追求していく必要があるということです。

 

と、同時に。

あなたが自身に価値を備えるだけでは足りません。

獲得した価値は、速やかに効果的にそしてわかりやすく提示しなければなりません。

あなたがどれほどの価値を携えていようとも、その価値への理解が難解であるほどにあなたは女から相手にされることがないのです。

これは例えるのならば、出張の際に少し奮発して駅弁を購入するとき。

1.肉汁たっぷりイベリコ豚重    3,000円

2.伊達の厚切り牛たん弁当     3,000円

3.なんだかとてつもなく凄い駅弁  3,000円

言うまでもなく上記で最も販売数が少なくなるのが3番です。

男ならまだしも、女が理解できない価値に靡くことはほとんどないと言って良いでしょう。

 

間違ってもあなたの魅力を3番のような状態にしていてはいけないということです。

また、『ミステリアスを演じましょう』というノウハウがあります。

これはたしかに有効な一手となり得ますが、しかし『ミステリアス』と『わからない』ということは決定的に異なるということを理解してください。

多くの方がこの点を誤解している上、また女が知りたがる興味を持つ情報だからこそ勿体ぶってその価値を高騰させることが可能なのです。

女が興味を抱くことのない情報をミステリアスに演じても、それはウザくなるということを理解してください。

 

ここでは、あなたの魅力を女がハッキリと理解し、強く共感し、何としてでも手に入れたい!と願望を抱かせるということが重要です。

その上で、その価値に触れるために必要な対価を認識させ、喜んで支払わせるのです。

上記の例で言うのならば、『なんだかとてつもなく凄い駅弁』ではなく、『北海道直送!うに・いくら・海鮮てんこ盛り丼』とその内容が明確にわかるように記すとともに、『50食限定』や『行列により連日現在30分待ち!』などと価値をより高めて伝える意識や工夫をすると良いでしょう。

上記の作業を経ることで、女は3番こそが1番人気の商品であり、それならば並んででも食べたいと願うようになるのです。

また価値への理解から実際に行列ができたのであれば、その商品は名実ともに1番人気として君臨できるということです。

 

さて、女に立場を理解させるということがどのようなことか。

およそ掴めてきたのではないでしょうか。

つまりはあなたがしっかりとした価値を身に付け、その上で誇大とならない程度に、より魅力的に伝えるということです。

そして、あなたの価値に触れるための『対価』はしっかりと徴収するということです。

 

稀にいい人ぶってなのか或いは本当にいい人なのかはわかりませんが、この対価の徴収を怠る方がいます。

このような行為は価値の暴落を招くために厳禁であると心得てください。

これは、ルイ・ヴィトンが急遽財布を一律9割引セールとするようなものです。

もしあなたがこのセール前に対象の商品を10万円にて購入していたのならば、このときにはいったいどのような気分となることでしょうか。

そして、セールが行われると知った人たちが、今後に正規の価格でルイ・ヴィトン商品を購入し続けるでしょうか。

あなたはあなたという価値に触れる対価をしっかりと、そして高額に設定し、その上できちんと徴収するからこそ相応しいブランドたる魅力が養われるということを理解いただきたいのです。

 

隷属に至る4つの立場

それでは。

早速女に立場を理解させるための具体的な手法をお教えいたしましょう!

と、言いたいところなのですが…。

その前にもう1つだけお話と、あなたからの理解を取り付ける必要があります。

具体的な手法は後にきちんとお伝えいたしますので、もう少しだけ我慢してお付き合いをください。

あなたが実際に強者たるパワーバランスを作り上げていく上で、とてもとても重要なことを今からお話いたします。

 

私達は物事を知っているからこそ、それらを実行することが可能になります。

逆に言うのならば、私達は知らないことを行うということができないのです。

あなたはモテるということはどのようなことか。

そのためにはどのようにすべきかを理解したからこそ、モテるということが容易となったのです。

この理解のない方たちが暗中模索に悪戦苦闘をし、実の結ばない努力に心折れている。

そんなシーンも珍しくないということもあなたは知っていることでしょう。

 

同様に女に立場を理解させるとして。

はたしてその立場がいかようなものかを知り得なければ、あなたは女をその立場へと誘導することが叶いません。

よって、女があなたを信奉するに至るまでの関係性の変化とその立場を順を追ってお伝えいたします。

 

これも詳しく書き出せばきりがないのですが、女が至りやすい特徴的な立場。

その上で重要である4つのフェーズについてをここで解説をいたします。

これらを踏まえて女に対すると現在の精神的な調教指数を測りやすい上、今後の展開やそのための対応を取りやすくなります。

知ってと知らぬとでは、同じノウハウを手にしても結果がまるで異なります。

女を支配する上での基本にして骨子を構成する要素となりますので、しっかりと覚えておいてくださいね。

 

依存的立場

あなたが既にモテの4要素を備えており、モテているという前提でお話をいたします。

よって、最初のフェーズは女が依存しているという立場です。

ゴールデンアプローチにより女の心を開き、そして新しい価値観や世界感を得て、より輝くことのできる自身への期待を引き出した際、女にとってのあなたとは最も身近で親しみのある、そして頼ることのできる男性となっています。

 

あなたが正しい。

あなたが自身の価値や魅力を高めてくれる存在である。

あなたに判断を任せることが最良の選択である。

このように女が自己の決定権を手放し、人生の舵取りを委ねる態度が多くなります。

 

ここで、あなたが無条件に女の世話をしたのならば、先のブランドと価値の崩壊を招く結果となります。

あなたは頼りがいのある価値の高い男から一転、ただの便利で都合の良い男へと成り下がってしまうのです。

よって、ここではあなたに接するための対価を設定し、それを堂々と提示してください。

そして上記の設定に難色を示した女は容赦なく切り捨ててください。

その非常さとは、紛れもない男の魅力です。

少なくとも、女と良い関係になりたいがために進んでルールの逸脱をするような情けない男にはならないよう気をつけてください。

 

奉仕的立場

このフェーズは、あなたには多大な価値がある。

その価値に触れるためには相応の対価が必要であり、その対価を進んで支払うことを願い出た女が至る立場です。

先の駅弁の例で言うのならば、待ち時間30分を期待しながら並んでいる女の姿となります。

 

ここでは、対価を伴わなければ捨てられるという事実をしっかりと女に理解させます。

また、あなたの魅力や価値を常に向上させ、そしてより的確に伝え、徐々に高額化していくということを忘れてはなりません。

この時点であなたのラインの友達欄に少なくとも50、できれば100程の新しい女が登録されていることが理想的です。

なぜなら、その事実があることであなたにとっての女1人あたりの価値が低下します。

モテない男ほど1人の女に固執して、その女が全てとなり、余裕をなくし、そして振られては立ち直れなくなるのです。

この時点であなたは既に『選ばれる立場』ではなく『選ぶ立場』となっていることを理解してください。

そして、あなたの価値高騰に耐えられなくなった女も順次切り捨てを行ってください。

 

女とは、他の女と比較されることを嫌います。

しかし反面。女が最も満たされる瞬間とは他の女に大きく優越したときであるのです。

あなたは、最も対価を支払った女に対し『おまえを可愛く思った。だからおまえだけのための時間を作った。またおまえだけの時間を作って欲しかったらより可愛い女になれ。』

このように女を躾け、教育していくと良いでしょう。

女はあなたに奉仕するほどに、あなたから離れることができなくなっていくのです。

 

従属的立場

女が男に従属する要因にはいくつかがあります。

例えばDVでは暴力を用いたり或いは一転してその後に優しくしてアメとムチのように利用することで思考能力を奪います。

また洗脳のように常識そのものを覆し、あなたに服従することこそが正しいことだと植え付けるという手法もあります。

あなたは特別だ、だからこそあなたにはふさわしい世界があると選民性や優越性を刺激した刷り込みも有効です。

 

ですが、あなたは上記のような手段を用いる必要すらありません。

なぜなら、あなたは自己の価値を上昇し要求対価を向上しています。

対価の向上に付いて来ることができた女とは上記の手法を伴わずとも、すでに従属的な立場を理解しています。

あなたという価値に触れるための対価の決定権はあなたにしかなく、そして女は既にあなたという価値が人生に必須なのです。

正にあなたは売り手市場となり、言い値で良いからあなたと接したいと考える女が自らの置かれる立場を理解していない理由がないのです。

 

また先にもお話しましたが、女はあなたに奉仕するほどにあなたの魅力から抜け出せなくなるのです。

ここには埋没費用=サンクコストにおける、いわゆる『もったいない心理』が働きます。

ここでの女は、あなたの価値向上に追随してきた女です。

つまりあなたに大切にされることを夢見て自らの時間を消費し、あるいはあなたのためにお金を使い、またはあなたのために作業をしたりと労力を費やしてきた女です。

この努力量が多いほどに、『ここまで頑張ってきたのに今さらやめるわけにはいかない』という心理が働きます。

 

また損失回避性=プロスペクト理論という、いわゆる損切りできない精神も働きます。

これは得る喜びよりも失う悲しみの方が倍以上の精神作用をもたらすというものです。

この時の女はあなたに可愛がられる喜びと切り捨てられる不安に揺れ動いています。

そしてこの状態にこそ女は最も輝くのであり、夢の中であるということです。

これについては、あなたが支配者となったときにはしっかりと実感していただけることでしょう。

節制なき飽食はかえって生を希薄にします。

人がもっとも生に輝く瞬間とは、報われたときの開放にこそあるのです。

 

いずれにせよ、上記のように自己よりもあなたを優先するようになった女が立つ立場が従属的立場となります。

この時点で女はあなたの言いなりとなり、あなたへの奉仕を自己の喜びであると認識します。

あなたからの『よくやった!』が無常の喜びであり、生きがいであるということです。

故に、あなたは『よくやった!』を安売りしてはなりません。

ここには価値の不一致があるのです。

あなたは言葉にするだけなので至極簡単であり、そこに何もコストはありません。

しかし、その言葉は女が求めて止まない甘露です。

あなたのその言葉を聞くだけで快楽物質たるドーパミンがドバドバと出ている女に、それほどの価値を安売りしてはどの様になるでしょうか。

前回でもお話しましたが、女を夢から覚まさせないでやるということも男の器量であるということを忘れてはなりません。

 

奴隷的立場

さて、上記の3つまではあなたの支配によって一般の女が至る男女の関係性であり立場であると言えます。

つまり女が従属的立場に至るということをもって、あなたの支配の進行を抑え、状況の維持へと方針を切り替えても良いでしょう。

この時点で女には十分に精神的調教が定着しており、あなたに対し絶対的な服従と奉仕の喜びを感じているはずです。

ただ、女によってはそれ以上の関係を望むことがあります。

また私の経験上それは意外と少なくない確率であり、潜在的でなく顕在的にそのような願望を持ち合わせている女となれば、その数はより多くなることでしょう。

 

よってさいごに、女が堕ちる更なる深み。

その奈落における男女の関係や立場についてお話しして今回を終えましょう。

そして、その立場こそが奴隷的立場と私が呼んでいるものとなります。

 

奴隷的立場とは、女の被虐願望によってもたらされます。

女は従属的立場に立つ時点で既に拒否権なし、人権もなし、正に言いなり状態となっています。

その上で、あなたに仕えており女のすべてを捧げているという証拠や証明を求める女がいます。

ここでの証拠や証明とは、決して手軽に獲得できるようなものではなく、苦痛を対価に得られるものであるほどに女にとっての価値を増します。

この手の女はあなたに苦痛を与えられるほどに、あなたに狂い、女として狂い、果てはその人生を狂わせるのです。

 

ちなみに私が女に接する際に奴隷的立場を与えるか否かについては、その女の願望の程度によって決定を下すようにしています。

先に女の人生を狂わせると書きましたが、私の前で狂うことを望み、そこで狂人性を発散できるからこそ普段の生活を整えることのできるという女が存在するのです。

上記のように女が望んでいる際やそのような本能を強く持つ女に限り、女を奴隷的立場に堕とすようにしています。

 

女が奴隷的本能を持つか否かの確認方法としては、徐々に被虐の程度を強めて確認する方法が有効です。

私が行う順序としては。

・首輪をつけて引き回す

・アンダーヘアを剃らせる

・挿入中やイラマチオ中に髪の毛を掴んで引っ張る

・歯を立てたと難癖をつけビンタする

・飲尿させる

・足で頭を踏みつけたり、足を舐めさせる

・乳首やクリトリスにピアスをする

このように順を追って被虐度をエスカレートさせ、その際の女の様子を見ます。

女が被虐を喜ぶ仕草や快楽に蕩けている姿を確認し、より上位の被虐を与え、女の本能の度合いを探るといった具合ですね。

 

実際にここまでするかどうかはあなた次第です。

または女の願望の程度によるのでしょうが、私の感覚では4人に1人は潜在的に上記のような支配を望む女がいると認識しています。

女の願望がそこにあるのならば叶えてやるのも支配者の仕事であると言えましょう。

 

支配者の仕事とは、誰もを支配するということではありません。

あなたを信奉し、自らをあなたに委ね、そしてそのための奉仕をいとわない女。

このような女を幸せに導いてやることが支配者の仕事です。

そのためには女を拾い上げるということよりも女を捨てるということが圧倒的に多く、そして重要となるのです。

私達は20人も30人もと際限なく女に適切な調教を施してやることができません。

あなたは数多くの女の中から厳選した特別な女に対し、多大な価値と魅力を有する支配者として君臨していなければならないということです。

 

さいごに

女とは犬のようなものであると私は考えています。

それも順ではなく邪で、自らを犬であると自覚していない犬です。

男を訝しみの目で見極めようとし、その器を推し測り、可能であれば都合よく利用したいとさえ考える駄犬です。

しかし、所詮は犬。

人の世を生きるにはひどく頼りなく、そして男の庇護無くしてはその人生は輝くどころが苦労の絶えないものとなるでしょう。

 

対して、男とはブリーダーです。

ここでは調教師という方が適切でしょうか。

犬は飼い主に似ると言いますが、この際には飼い主の飼育能力に依拠していると言えます。

人も犬も同様で、甘えられるだけ、そして可能な限り環境に甘えるものです。

その上で自らがやらなければならないと理解したことだけを行動するのです。

 

私にはコンビニの多機能レジは難しく扱うことができませんが、仕事としてその必要があるのならば1日で覚えましょう。

女の行う奉仕も同様です。

女にとってあなたに尽くす必要性を感じることがなければその立場に立つことなどありません。

しかしそこに必要性と重要性を感じ、自らの利益を確認することで女は犬であることを自覚します。

そして女であることを痛感し、あなたに喜んで奉仕をするに至ります。

 

あなたは犬が喜ぶからと言ってジャーキーばかりを与える駄目主人になってはなりません。

しっかりと躾けるからこそ女は良犬となり、あなたという主人に愛され、そして心穏やかに満ちた環境で生活することができるのです。

女にとってはあなたが主人であり飼い主である以上、あなたは女をより可愛がることのできる女に育てなくてはなりません。

ただ甘い顔をしていては女のためにもあなたのためにもならないということです。

 

次回予告

さて、今回は精神的調教による立場の変化やその進行の段階、またはその際の注意点や行うべきことについてお話しました。

女があなたに忠実になっていく様を大まかに確認し、そして想像していただくためのフェーズです。

話の途中にも申しましたが、私達は知らないことを行う事ができません。

また目指すべきゴールを知らずにいて、状況を導くこともできません。

故に、あなたには女がどのような心理状態を経てあなたを信奉するに至るのかを知っていただきたかったのです。

 

そして、如何様にして女があなたに狂っていくのかを理解したからこそ。

あなたはその為の具体的な方法を使いこなすに至ります。

次回は、女をあなたに狂わせるための実践的手法についてお話をいたします。

おたのしみに。

 

―ボコボコネット管理人 ボコ神様―

Similar Posts:

    None Found

-ボコ神メソッド

Copyright© ボコボコネット 拘束イラマ調教拷問専門動画サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.